青汁が便秘によい

青汁が便秘に効果があるのは食物繊維が善玉菌を増やすから

青汁を便秘対策として飲んでいる人も多いですが
なぜ青汁が便秘に効果があるのかというと
青汁には

 

食物繊維が配合されており、食物繊維が善玉菌を増やす

 

からなんです。

 

 

よく便秘がちな人には
「野菜を食べろ」
と言ったりしますけど、野菜には食物繊維が配合されており
それが善玉菌を増やして腸内環境をよくする効果が期待できるから
そんなことがいわれているわけですね。

 

ようは青汁が便通をよくするというのはきっかけにすぎないわけで
大事なことは

 

腸内環境を整えること

 

なんです。
いくら青汁を飲んだとしても、青汁に含まれている食物繊維の効果が
そこまで強いというわけでもないでしょう。
なので、普段の生活から腸内環境をよくすることを意識する必要があるでしょう。

 

 

よくヨーグルトも便秘対策によいとされていますが
ヨーグルトには乳酸菌が配合されていて、それが善玉菌を増やす効果があるからなんです。
なのでヨーグルトも便秘をよくするきっかけにすぎないわけで
大事なのは腸内環境を整えることなんです。

 

どんなに青汁を飲んでも、ヨーグルトを食べる生活をしても
肉ばかりの食生活や、砂糖を大量摂取していれば
善玉菌が増えないで、悪玉菌が多い腸内環境になって
なかなか便秘は改善されないでしょう。

 

大げさな食事制限をする必要はありません。
ちょっと自分の腸内環境を意識するだけでも、ずいぶん変わると思いますよ。

 

 

実際毎日よく野菜を食べている人にとっては、青汁は不要でしょうし
消化によいものや健康によいものを食べている人にとっては
便秘対策をしなくても、普通に腸内環境はよくて快便な人もいるでしょう。

 

大事なことは、なにをするのか、なにを試すのかではなくて
自分自身が腸内環境の状態を意識した生活をおくることです。
そしてその生活はつらいようにみえて、実際はそれほどつらくないと思いますよ。

 

健康に良い生活をおくることがつらいと思っている人は
不規則な生活を過大評価しすぎなところがあるように感じます。
不規則な生活が楽しいと思っているのなら
まずはその意識から変えていかないといけない
でしょう。