和漢青汁の口コミ効果

和漢青汁を紹介します!長命草(ボタンボウフウ)のサプリ

ウェルケアから販売されている

和漢青汁

を紹介します。

 

 

和漢青汁という名前をみると、青汁(飲み物)だと思う人が多いと思います。
でも和漢青汁は青汁ではなく青汁サプリメント(青汁の粒)なので注意してください。

 

 

 

 

和漢青汁は長命草(ボタンボウフウ)のサプリ

和漢青汁は沖縄の魔法の草といわれる

長命草(ボタンボウフウ)の青汁サプリメント

です。

 

青汁といえば、大麦若葉やケールの青汁がほとんどです。
和漢青汁は長命草の青汁サプリということでここがポイントですね。

 

 

 

この和漢青汁の製作者さんは、自分の体に大金をかけても、なかなか効果を実感できなかったとのこと。
そんなときこの長命草の存在を知りました。

 

長命草は抗酸化作用が高く、メラニン生成を防ぎシミ防止につながります。
美肌に効果を求める人に、おすすめの青汁サプリです。

 

1日に和漢青汁を飲む目安は3粒から9粒。

  • 健康維持のために3粒
  • 若若しくいるために6粒
  • 年齢に負けないために9粒

どれだけ飲むかは本人次第です。
いつまでも若々しい肌でいたい人に、和漢青汁をおすすめします。

 

 

なんか一般的の青汁は、野菜不足を補うためということで。
目安は大体決まっているんですけど。

 

この和漢青汁は野菜不足を補うというより、プラスの効果を得られそうな感じがありますね。
そこがちょっと違和感があるかな。
長命草ってそこまですごいものなの!?

 

 

 

 

 

和漢青汁の値段は1袋4,800円

和漢青汁の値段は

 

1袋93粒入りで4800円(税別)

 

となっています。
1日に飲む目安の粒は3〜9粒となっています。

 

1日3粒飲めば31日分が4800円となります。
1日9粒飲めば10日分が4800円。

 

 

ちょっと値段は高めのサプリメントだと感じます。
特に1日9粒飲むと、10日でなくなってしまうのはきびしいです。

 

和漢青汁は1日3粒目安に飲む人が多いように感じます。

 

 

定期注文を利用すると20%割引になります。
値段が高いので、うまく定期注文を利用したいところです。

 

 

一般的に青汁の値段は、高いものでも1杯120円ぐらいですから…。
高くても1日1杯の青汁を飲んで4000円ぐらいの出費になります。

 

 

サプリメントとしてだけではなく、青汁としても値段が高いです。

 

 

ただ長命草の製品としてみてみると。
長命草の製品って高いものが多いです。
だからこんなものなのかもしれませんね。

 

 

 

和漢青汁の口コミはほとんどない

 

和漢青汁の口コミはほとんどありません。
なので、和漢青汁の口コミを見るのは、ほぼ不可能です。

 

今後口コミが増えてくるとも思えません。
和漢青汁は口コミが投稿されやすい楽天市場やアマゾンでは販売されていないんですよね。

 

 

なので、視点を変えてみました。
和漢青汁は長命草のサプリメントです。

 

長命草の口コミ

 

を探してみました。

 

和漢青汁ではなく長命草の口コミですが、紹介すると

  • 便秘が改善された!
  • 野菜不足を補うのにはよさそう
  • 青汁の栄養をサプリで摂取できてうれしい
  • 風邪をひかなくなった
  • 肌の調子がよくなった

このようになっています。

 

 

長命草の製品では、資生堂から販売されている長命草という飲み物&サプリが人気が高いです。
もし興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【長命草販売店一覧はこちら】
長命草

 

長命草を使った商品の中では資生堂の長命草が一番定番のように感じます。
値段もウェルケアの和漢青汁と比べても安いですし。

 

和漢青汁もいいですが、口コミの良し悪しで選ぶのなら資生堂の長命草をおすすめします。

 

 

 

 

 

和漢青汁は買う価値があるか?管理人の考え

青汁サプリは、飲む青汁より人気がなかったりするんです。
そこが自分は不思議でした。

 

 

多くの人は、青汁サプリより、飲み物の青汁を選ぶんです。

 

青汁と青汁サプリ、両方販売しているメーカーがあります。
どちらが人気なのかみてみると、ほとんどの人が青汁のほうを買うんです。

 

 

でも今回和漢青汁や長命草のサプリメントをみて

 

青汁サプリも需要がでてきたんだな

 

と感じました。

 

 

ただ和漢青汁は値段が1袋4800円でしかも税別という点が気にかかります。
値段が高すぎます。

 

青汁でも1杯100円ほどの値段です。
和漢青汁は1日3粒飲んで、1袋31日分だと考えても1日150円ほどかかることになります。
これはちょっと値段が高い。

 

 

まずは長命草のサプリメントやドリンクを販売している

 

資生堂の長命草シリーズを試すのがおすすめ

 

です。
資生堂の長命草を試した後も、和漢青汁に興味があるのなら、和漢青汁を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

資生堂の長命草シリーズもなかなかのお値段なんですけどね。
資生堂の長命草のサプリなら、30日分が約3500円で買えます。

 

資生堂の長命草シリーズなら、楽天市場やアマゾン、ドラッグストアや薬局でも買えるので買いやすいです。

 

【長命草販売店一覧はこちら】
長命草

 

青汁といえば、大麦若葉やケールが定番です。

 

でも今後は長命草が注目を集めるかもしれません。
長命草を使った飲む青汁も今後は増えてくるのではないでしょうか。

 

長命草はかなりの注目度ですからね。
メーカー側もほおっておかないかと。

 

 

 

 

 

イメージが大事?

今では青汁もたくさんのメーカーがいろいろな青汁を販売しています。
普通の青汁では、いまいちだと感じる人もいるのかもしれません。

 

 

そういう人には和漢青汁は特別なイメージを抱けて、飲むことで満足感を得られるかもしれません。

 

 

人間、ポジティブになれば、体も喜びますから。
自分が納得するっていうのが大事になってきます。

 

 

和漢青汁は値段が高いと自分は思っていますけど。
値段が高いと聞くと、デメリットに感じる人もいるかもしれませんが。
値段が高いっていうことには、メリットもあります。

 

それは
【値段が高いと特別な製品に思える】
っていう点です。

 

 

これは逆にいえば、安いものに対しては
「問題がある」
と思えると思います。

 

一般的には中国産の製品は値段が安いですけど。
もし中国産の製品が値段が高くなったら、どうなるんでしょ…。

 

 

一般的には
値段が高い⇒品質が良い
値段が安い⇒品質が悪い
こういうイメージを抱きます。

 

そういう点でも和漢青汁は良いイメージを抱きやすい製品だと思っています。

 

 

こういうイメージというか、偏見っていうのかな。
こういうのは
「体には関係ないのでは?」
と人もいるかもしれませんけど。

 

実際のところ、人間は第一印象が重要なんてことも言われているように。
まぁ見た目が9割とかも言われていますよね。

 

 

中身がまったくなくても、外見というか、一瞬の判断で結構決まったりするんですよ。
そして自分が好感を抱いている人とは、一緒にいても苦痛ではないですが。
苦手に感じていたり、嫌悪感を抱いている人と一緒にいることは、とても疲れます。
体にも負担になるわけですね。

 

 

それでなくても、ストレスはすべての病気に関係しているとも言われているので。
それなら本人が、納得の青汁を選んで飲むのが一番だと思いますし。

 

メーカー側も、値段が高い青汁を結構出していますけど。
それは、イメージ的なものも関係しているのかもしれませんね。