青汁とパッケージ

若者が青汁を選ぶ基準はパッケージにあり?

若者に人気の高い青汁といえば

  • 葉っぱのミルク
  • 朝のフルーツ青汁

この2つだと思います。

 

 

まぁ定番の青汁も人気なんですけどね。
キューサイの青汁とか、ファンケルの青汁とかですね。

 

 

ヤクルト社から販売されている葉っぱのミルクと朝のフルーツ青汁の口コミをみていると
パッケージがかわいいからいい
というものがちょくちょくみられます。

 

たしかに一般の青汁のパッケージはどちらかというと

 

地味

 

なものが多いです。

 

青汁はやっぱり対象としている年齢層は高めに設定していると思うんです。
そりゃそうですよね。
健康に興味を持つのは、高齢になってからだと思いますから。

 

地味なほうが年配層は購入しやすいところがあると思います。
でも、若者にとっては地味なパッケージだと購入する気にはなれないのでしょう。

 

 

そういう点では若者が青汁を購入するようにするためには
「もうちょっとパッケージを考える必要があるんじゃないかな・・・」
と思いました。

 

若い人は比較的安い青汁を選んで購入する人が多いので。
安くてパッケージが若者好みのものを販売すれば、案外人気がでるかもしれませんね。

 

【朝のフルーツ青汁の口コミはこちら】
朝のフルーツ青汁口コミ

 

青汁は昔はある程度年齢が上の人しか飲まないようなイメージでした。
でも最近は美容によかったり、便通がよくなるなどの効果に期待して
若い女性も飲む人が多くなりました。
メーカー側も、若い女性の購入層を無視できなくなるのではないでしょうか。

 

青汁のパッケージがもうちょっと若者向けになると
青汁に興味がなかった若者も、青汁に興味を持つ人もいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

若者は青汁を飲む必要があるか?

若者が青汁を飲む必要があるのかというと…。

 

あくまで自分の考えですけど。
野菜をあまり食べないのなら、青汁を飲む価値はあると思います。

 

でも、ぶっちゃけ若いのなら
「野菜を食え」
って気になりますけどね。

 

 

若い人は食欲旺盛だと思うので、青汁を飲むという手軽さより。
しっかり野菜を食べたほうがいいんじゃないかと思ったりします。

 

 

まぁそういうのは自由ですから
「野菜を食べるのはめんどくさい!」
っていうのなら、青汁で食物繊維などを摂取するのもいいと思います。

 

 

ただ若い人って、時間はあるけど、お金はそんなにないって感じだと思うんです。
なので結構なお値段の青汁って、そんなにメリットがないと思いますよ。

 

最近は野菜が高いと言われていますけど。
青汁には1杯100円以上するものもありますからね。

 

いくら野菜が高いと言っても、青汁の値段の高さにはかなわないです。
だから多くのメーカーは青汁を販売しているんですよ。
利益になるから。

 

 

 

 

 

青汁のイメージ

若者ってそんなに健康意識が高くないと思うんです。
それなのに青汁に興味を持つというのは良いことだと思います。

 

 

でも青汁はあくまでも
【野菜不足を補う飲み物】
であって、特別な効果とかはありません。

 

まぁ一部の青汁はトクホだったりするので。
効果もあるんですけどね。

 

 

でも青汁ってそんなに特別な飲み物でもないので。

 

「青汁を飲む必要があるかな?」
というのなら、青汁を飲まなくても人間生きていけますし。

 

青汁を飲むことで、体が大きく変わるということもないと思います。

 

 

まぁ青汁は今ではいろいろなメーカーが出していますから。
いろいろ飲み比べるという、楽しさはあるかなぁ。

 

自分もまだ30代ですけど。
若い部類だと思うんです。

 

ぶっちゃけ30代でも、まだ青汁はいらないというか。
青汁が必要になる年齢というのがよくわからんな。

 

 

芸能人が青汁を飲んでいるとか言っていますけど。
それはおそらく広告塔として起用されているからだと思います。

 

芸能人にとっては、青汁なんて安っぽい飲み物だと思うので。
毎日飲んでいてもおかしくないですけど。

 

 

芸能人なら、青汁を飲むより、もっと良質な野菜を食べているかとおもいます。
一般人にとっては青汁はちょっと値段が高い飲み物ですけど。
芸能人にとっては、青汁なんて安っぽい飲み物な感じだと思うので。

 

芸能人が美容に気を使っているのなら、もっと良質な食べ物を食べている気がしますね…。