青汁の袋

スティックタイプでうれしい!もし缶で自分ですくうタイプだとデメリットが多い

青汁の袋は個装袋のものが多く、スティック状のものも多いです。
これって当たり前に思う人が多いでしょうけど
かなりありがたいものだったりします。

 

 

なぜなら、青汁の袋が自分ですくって入れるタイプだったのなら

 

ペットボトルで青汁を作るとき大変

 

なんです。
ペットボトルの中に青汁粉末をいれるのがとても難しくなります。
でも、スティックタイプの袋だったら、ペットボトルの中に青汁粉末をいれるのが
すごく簡単なんです。

 

 

ほんと、すべての粉末は青汁みたいにスティック型にすべきだと思いますよ!
最近ミロを飲んだんですけど、ミロは自分で粉末をすくって作るタイプなんです。
ペットボトルでミロを飲めば楽そうだなぁと思ったんですけど
粉末を入れるのが大変でうまくいきませんでした。

 

ヤクルトの私の青汁には、缶タイプで
自分で青汁粉末をすくっていれるタイプがあるみたいですけど
それだとペットボトルで青汁を作りにくそうなんですけど、いいのかなぁ。

 

いまの時代ペットボトルで青汁を作るのって当たり前だと自分は思っています。
だから、スティックタイプではない青汁の袋でも、イマイチだと思ってしまうんですけど…。
緑効青汁の袋とかもうちょっとスリムになればうれしいですよねぇ。

 

 

今後はスティックタイプ以外の袋だときびしいのではないでしょうか。
少なくともペットボトルで青汁を作れないのだとしたら
自分的には毎日青汁を飲める気はしないかなぁ。

 

【青汁の袋関連記事はこちら】
青汁の袋を考える!小さいもののほうがいい